So-net無料ブログ作成

にゃん太また入退院(鼻の傷は病院で顔を檻の網に押し付ける為) [猫]

曽根ブロの調子が悪いのか??
何度やっても変になってやり直してたけどキリがなかったなぁ。

今度こそ上手くいきますように!!

結局病院戻ってすぐ入院してすぐ退院したものの安定せず…。
これだけ腎臓病と付き合えばにゃん太が脱水起こしているのはわかるようになりました。

しかし脱水症状が止まらなくなり、
家で点滴しても追いつかない感じになってまた気持ち悪そうにしているので、
二日続けて吐き気留めを打ちに行き病院で点滴を受けるも家に帰ってくると脱水症状が来るので、
先生と相談して一日二回にしましょうかと言ってた矢先また吐く前の仕草を見せたので
速攻病院へ連れて行き入院。

静脈点滴をすると脱水症状は無くなるので一安心していたら、ご飯を食べないと言われました。

この日もすぐに来てと言われて11時45分には病院周辺には着いていたのに
案の定停められなくて、ぐるぐるにゃん太を乗せたまま停車出来るところを探す羽目に…。
ほんとにどうにかならないのかなぁ…。

午前中に入院したにゃん太はこの日はもう来ないだろうと思って
ふて寝していたようで呼んでも寝ているからあれ?と思って
荷物を置きなおしていると気がついたようでもうニャンニャン鳴いてうるさいくらい。

最近ちょっと食べるのが下手になった気がするんだけど…
お医者さん的には食べ方見ても問題ないとのことで
とりあえず手差しで少し食べさせて帰ってきました。

看護師さん達にはにゃん太くんは可愛いから入院して欲しいくらいですとか
言われ図に乗ってたら…今回本性が出てしまい…

朝来るとヒステリー起こしてシーツやご飯入れもぐちゃぐちゃにしている事が判明…。
そして肝心の点滴もエリザベスカラーやってても朝には引っこ抜いてるらしい…。

そうなんですよ…。
元気がいいと閉じ込められてる事に怒る奴なんですよ。
昔台所にうっかり閉じ込めた時台所が悲惨な事になってたのを思い出しました…。

暖簾なんてビリビリにされてましたからねぇ…。

この日は行くとやっぱりご飯を食べないと言ってたのですが、見てる内に食べ始めて…
明日どうするかお話ししましょうという事で帰りました。

そして次の日電話をしたら退院しても大丈夫ですとのことで迎えに行ったら…。


手が血まみれ!!!


昨日帰っていたら…。

元気出ちゃってたのでヒステリー起こしてしまったようで…。
出せー!と暴れて爪剥がしてしまったようです。

アドレナリン出すぎだよ…。

そういえばここに初めて来た時も前の病院で爪剥がしてたんだっけ…。

なんだかな〜。
左手の黒くなってる所が剥がれている所です。(T ^ T)

IMG_7292.jpg


体重は3、2キロまで落ちてますが、頑張ってるにゃん太です。

にゃん太が初めて飼った猫なので腎臓病も初めてで
一体にゃん太は今どれくらいの状態なのかというのが全く判らないので
入院する都度もう帰ってこないかも…と思うのですが…
なんだか結構元気になって帰ってきます。

結局はすぐ入退院になっていますが、同時に膵炎を起こしているのがむしろ原因のようで…。
末期といってもすぐ死んでしまう訳でもないのかと思いました。
とにかく毒素が体に回ると弱ってしまうのでそれを定期的に流しています。
これは延命ではなく治療です。
前のお医者さん(ここはC病院としますか)に腎臓病と言われてから一年以上過ぎました。

出来る事をやっていきます。

IMG_7278.jpg


子供の頃は猫風邪で片目に幕が張ってしまい病院通いでしたが、それが一段落したら病気知らずで今回の健康診断も問題ないチャッピーです。
体重はちょっと体型からすると5キロ越えはデブですが…^^;

ヒメもよく吐きすぎるので検査してもらったのですが大丈夫とのこと。
でも最近好きなご飯じゃないと見向きもしなくなりました…Σ(・□・;)
食欲ないのかと焦ってたのですが、どうやらそういう事のようで…。

猫奮闘記はまだまだ続きます。

インスタで入院したばかりのにゃん太です。
現在は上の写真の状態で退院してます。
この順番じゃないと何故か保存できなかったので順番が変になってます。


nice!(21)  コメント(2) 

前の病院に戻る…(~_~;) [猫]

変えた病院(今後B病院)良い病院だと思うのですが…
担当された先生は猫より犬寄りだなぁ…とちょっと思ってしまった。
そしてにゃん太がいよいよ前の病院(今後戻った病院はA病院とします)だったら入院レベルの数値になった時…丁度休診に当たって仕舞い…
前日に懸念して診察を受けにゃん太用に輸液も薬を配合して貰ったのですが…
まったく良くなる兆しが無かったので…慌ててA病院に行きました。

A病院はお正月休み以外は無休なので…やっぱりにゃん太の状態から考えるとB病院は週二回も休みがあるので無理だと判断。

それに…数値が上がった時もB病院は静脈点滴をする様子は無かったので…(はっきり確認したわけではありません。その前に戻ってしまったので)A病院で即入院となったにゃん太はその後すぐ回復して二日位で退院しました。

入院中のにゃん太。となりに保護猫の子猫2匹が居ます。




さすがに4回目の入院だったのでにゃん太もこっちでは怖がったりしないし…。
子猫が居たせいか機嫌良し。

↓おまけで更に子猫2匹の動画です。



なにより気になっていたのは点滴のやり方です。
A病院は輸液と針の中間に注射器入れて注射器の圧力で点滴をしていたので割と早く終えられるのですが…
B病院のやり方は針が太くなり、注射器を噛ませず、点滴を直接入れるやり方なので、実際比べるとにゃん太の辛さが増していると思えたのです。
叫び声を上げる事もあり、時間も長く可哀想でした。

B病院へ行く時のにゃん太は震えるのでその態度を見てたらもう止めようと思ってしまいました。

まさか点滴一つでそんなに差があるとは思ってなかったし、高度医療病院なら同じような治療だろうと思ってたら…全然そんな事もなく…。

にゃん太ごめん間違えた!!!と思ったので…。

A病院で入院中のにゃん太は先生方にご機嫌ですよって口を揃えて言われる位で…。

完全に反省しました。

更にヒメが小さい頃から良く吐くので…逆流性食道炎を疑ったのでB病院で調べて貰ったのですが…血液検査では問題なく…炎症を押させる薬を貰い…それで治まるならそのまま来なくて良いですが、治まらないようなら胃カメラを飲ませるとの事でした。

A病院でヒメを診て貰ったら…すぐエコーで内臓の様子を診てくれて問題ない事は判り、更に基本的な感染や血液は調べてあるのですが、それ以外にもウィルスによる感染症も可能性もあるとの事で今日そちらの検査と膵炎の検査も受けて結果待ちです。

A病院でも担当のお医者さんの見解はまた違ったりしているのでそこが悩ましいところですが…、正直なところ胃カメラ飲ませなくても大丈夫な元の病院の方が結局いいと思えたので全員A病院へ戻る事にしました。

なによりあのにゃん太が一番ご機嫌良く過ごせるので…。

料金もA病院の方が安いので駐車料金かかってもそちらよりは安いかも…。

Twitterでは本当に役に立つし、動物に優しい感じのツイをしてくださってるA病院、実際は…猫にはあまり優しくないかなぁ…てか慣れてないかも。犬向きのお医者さんだと思います。

シロもその後慢性膵炎もあると判りました…。
(多分大分前から良く吐くので…)

結局良く吐くにゃん太とシロは膵炎が問題だったんだと…。
にゃん太は+腎臓病なので余計ですが…。

なので良く吐くヒメも今疑いのある状況です。

今月は愛玩動物飼育管理士の受験もあるので…色々勉強もしなければ…。

問題集の答え合わせはAクラスで戻って来たのですが…本番に弱いので(運転免許も一点足りなくて一回落ちている…ださい…(; ̄ェ ̄))落ちたら半年後再試験できるのかなぁ…。

看護士の勉強もしてみようと現在申し込み中です。

五ニャンのうち四ニャンがもうシニアですからねぇ…。

ほんとにかけがえのない存在なのに恐れていた時期が来てしまったなぁ…。

追記:今日またにゃん太入院しました。(´;ω;`)病院にはにゃん太可愛いから歓迎ですって言われましたが…具合が悪くなっての事なので複雑です。(^_^;)
でも居心地は悪くないと思います。
携帯を探してバック開けてたら何気なくバックに入ろうとしましたが…。
にゃん太が入れるほど大きくないと思うけど…。

ほんと可愛い奴…。
nice!(31)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

また病院を変える。 [猫]

IMG_7204.jpg

床暖房でのびのび眠るにゃん太とクロ


折角良い病院へ変えたと思えたのもつかの間…。
駐車場の無い不便さに耐えきれなくなってきました。

その病院の周辺は駐車料金も高く、駐禁の取り締まりもかなり厳しい場所。
そもそも駐車場も5,6台停められれば良い方で…。
1時間1000円はするし…。

それでも空いてるならいいけど、どこへ行っても停められる場所が無い!!って事も…。

空いててもこの寒さの中で暖かくしていなければならないにゃん太を病院まで駐車場から歩くのだってちょっと可哀想でした。
交通量も激しいところだし…。神経質なにゃん太には負担だと思われる…。
事故も多くて渋滞とかあるし〜。

実はどっちに行くか迷っていたもう一つの病院…。

Twitterで犬猫の事をよく呟いている病院。
やはり高度医療病院ですが…ただ週二日休みがあるので…そちらを選ばなかったのですが…。
休みの日に切羽詰まった事があったら、また元の病院に来る事も出来るので…
事情を話し、自宅から近かった上に駐車場もある病院へ変える事にしました。

うちから車で5分位。
前の所は車で10分位ですが駐車場が無かった場合など無駄とコストが掛かってしまってました。

今回は予約制でもあるので…効率よく時間も使えます…。

ただ…

一段ときめ細やかな治療をしていただけるのですが…料金が高めでした〜〜(^_^;)

まあ仕方ない…
(ほんとどっかでバイトくらいしないと…でもすぐ猫や母親のために動ける仕事って無いですよねぇ…)

横浜の山側の道ってほんと車の運転能力が問われるというか…面倒くさい道が多いというのも改めて思い知らされてます…。

急坂で狭い道多すぎ…。広い道路通ると遠回りだし。
でも慣れないので遠回りして帰ってますが…。

下手すると猫達籠ごと転げ落ちかねない…(^^;)

おかげさまでにゃん太は3,1キロまで落ちた体重を3,3キロ戻してます。

IMG_7210.jpg

ヒメのベッドに何故か顔だけ乗せて寝てるにゃん太


段々タイミングみたいなのが判ってきたというか…。
とにかく吐いた時が勝負ですねぇ…。

自分で処置が出来ればとめちゃくちゃ思う今日この頃…。

にゃん太、シロ、ヒメ、チャッピーと順番に転院していき、昨日でチャッピーまで全員検診が終わりました。
クロは前のお医者さんで歯槽膿漏の手術する前に診断したので半年はいいかな。

チャッピーだけ結果待ちですが…。チャッピーは5,1キロあって( ̄□ ̄;)!!
ちょっと骨格からすると太りすぎですね…。

うちの子達は骨格からすると4キロ位で十分みたいなので…。

今回の所は話した内容を忘れないようにファイルにしてくれるので安心です。
処置もすべて目の前でするので(今までの所は別室へ連れて行かれて戻ってくる)どんな事をするかはすべて把握できるようになってます。

近くだったのに今まで回り道しちゃったなぁ…。

にゃん太は覚悟を決めていったのでまた元気な姿を見るとは思っていなくて…。
頑張ってくれてると思います。

ヒメも食べ過ぎで吐くようになったので治療中です。
今の薬が効かなかったらまた検査…治ってくれ〜!

IMG_7217.jpg

最近仲良しのシロクロ兄妹




nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット