So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

シロの甲状腺機能亢進 [猫]

シロは本来おっとりしている性格なのですが…

最近うちの猫とぶつかり合いが多く、外猫に関してはガラス越しで大げんかする位で…
去年は自滅して爪が剥がれるカモという位の大けがをしたり、
チャッピーを追い詰めて恐怖でオシッコ漏らさすほどのことをやるようになりました。

クロやにゃん太にも怒られる事多くなりましたが…チャッピーは本当に可哀想で…なるべく一つの部屋に閉じ込めているのですが、ツンデレなのでなんだかんだとみんなと一緒に居たいのに…シロを見ると怒り狂うほど嫌いになってしまったようで…。

当のシロは人間には甘えまくるようになり…人間の傍から離れません。
かなり困った状態です。


View this post on Instagram

シロの検査結果が出ました。 甲状腺機能亢進と判明しました。 最近外猫に対してもかなり攻撃的で食欲旺盛でその割に痩せてきてるのでもしやと思い検査してもらったのですが案の定でした。 性格が穏やかだったのにヒステリックになって一番被害に遭ってるのはチャッピーです。 今日も追い詰められ叫び声が聞こえたので慌てて行ってみるとオシッコまで漏らしてる位怖かったようで不憫で…。 別荘でもあったら別々にしたい位です。 多頭飼いでは結構深刻な病気です。 薬の投薬を今日から始めましたが…。 #ねことの暮らし #ねこもふ団 #ねこと暮らす #ねこばか #ねこ動画 #ねこすたぐらむ #ねこ部 #ねこすき #ねこ様 #ねこずきさんと繋がりたい #ねこのいる生活 #多頭飼い #保護猫 #茶白 #甲状腺機能亢進病と戦う #高齢猫

Ritsukoさん(@curoko3)がシェアした投稿 -



食欲は元々旺盛だったのですが、痩せてきたし、なんか変だと思い…新しい病院で調べて貰ったら
甲状腺の数値がかなりもう高くなっている事が判りました。

高齢なのに子猫と一緒に遊んでるなんて凄いなんてバカ飼い主発言をしていましたが…
そういう事だったんですね。

前のお医者さんは肝臓が悪いと肝臓の薬をくれていたのですが…その数値は甲状腺の数値でもあったのでその時点でもちょっと疑問に思っていました。

私でも判る甲状腺のせいかと思っていた事がどうして肝臓の方になったのか??
もっとも薬飲ませて肝臓の数値良くなったと言ってたんですけどね…。

でも甲状腺として調べて貰ったら…かなり高い数値出てしまいましたよ…。
昨日から薬を飲ませていますが…一生薬を飲む生活が続きます。

しかし長く飲み続けると胃腸障害が出やすくなるようで…手術という手もあるようです。
その時は人口ホルモンを一生飲む事になるようで…。

シロは脚のこぶを取る手術もしたのだけど…元気はいいから手術した脚で冷蔵庫の上に登るなどもう動き回ってなかなか傷口が塞がらず…大変だった経験があるから…。

チャッピーの件もあるし頭痛いです。



にゃん太はそこそこ元気にしてます。

鳴き声がかなりうるさい日相変わらずありますが…。



猫の高齢化でこんなに問題が出るとは想像つかなかったです。

クロも兄妹なので同じ歳だし…。


まあ猫と共に頑張るしかないけど。
頑張ろう!!!


nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

にゃん太元気良すぎ?! [猫]

IMG_6854.gif


病院を変えるとこんなにも結果が違うのかって言うほど違いが出ました。

なんと今は…



IMG_6870.gif


本棚の上まで登ってます。

食事は好きなモノがかなり狭まっていて好きなモノは食べますが、嫌いなモノは見向きもしないです。

なので矯正給餌は少ししているモノの…元気で…

元気すぎて…夜中なき叫んでます…。


認知症かとお医者さんに聞きましたが…認知症の確実な定義はなく…どっちにしても精神安定剤を飲ませるなどの処置になるとの事。

これ以上にゃん太の薬が増えるのもいい気はしないので耳栓で対処しています(T_T)。

走り回るまではないですがそれでもサイドボードから本棚に飛び乗っていける位の元気があるのでこのまま安定して欲しいところですが…。

現在皮下点滴を三日おきに受ける事になりました。

IMG_6845.gif


お医者さん行きたくなくて押し入れに隠れているにゃん太。


15歳…歯も抜ける事なくちゃんとあるし…もっともっと長生きしようね…。

鼻チューブ入れられて給餌している時にゃん太の目から涙がこぼれ落ちたんです。

鼻チューブで逆に元気がなくなっている…辛い思いをしている…?
(もちろんもっと元気がなくなっていればそれも仕方ない状況もあると思いますが…やっぱりにゃん太の状態では合ってない治療だったと思います)

それを見たらお医者さんを変える気持ちが強くなり今回の高度医療病院へ行く事にしました。

前のお医者さんも結構高かったので高度医療病院の料金もちょっとだけ高くなったな位ですが…
家で働くしかもう選択肢がないですね。

愛玩動物飼育管理士の資格を取ったらペットシッターもどきをさせていただきたいと思ってはいるのですが…歩いて行ける距離程度でお客様居るのだろうか??

(^_^;)

しかも自宅を事務所にするには住所も出さなくてはいけないらしく…個人情報うるさいこの時代に…なんとまぁ時代遅れな…。

お客様にだけ判るならまだしも…。

資格取れたとしてもその辺の問題をクリアしなければなりませんねぇ…。

にゃん太が落ち着いたので少し絵を描く用意しようかなぁ…。


断捨離も続いてます。

私と妹でうちの一族は終わりなので…。
(まあ従兄弟は居ますが結婚してないし(~_~;)なんなんだうちって)

墓じまいもそろそろ考えねば。

あっという間ですねぇ…。


IMG_6859.gif

nice!(32)  コメント(12) 

にゃん太高度医療病院へ変更(画像ちょっとそこそこ厳しいのがあり) [猫]

IMG_6817.gif


前回有無を言わせず、にゃん太へ鼻チューブをされてしまった後、
退院してからカテーテルが何らかの理由で切れ、
給餌中ににゃん太がむせたので慌てて病院へ。

結局チューブを入れ直されましたが…
病院で暴れて手が血まみれになってたのをまったく無視されているのと、
最近若い先生が入りその人と先生の連携がタイミング悪い時があり、
今回そんな感じが見えたし…もう命に関わる状態なので一回他の病院にも診て貰おうと思い…

以前から高度医療病院と言われている病院へ行ってみました。


やはり全然診断や治療法が違いました。

エコー写真を撮りましたが、残念ながら腎臓病はかなり進んでいるとのこと…。
もっと早く来れば良かったと心底後悔…。
こちらは色んな科の専門医が居るので一人の獣医さんが全部を診る訳ではありません。
その分治療も幅が広いです。

しかも鼻チューブも取れるかも知れないとの事…。

そのために静脈点滴するのが一番効果的と言われました。

あげられた治療方法は

数日入院してずっと点滴を数値がある程度下がるまで続ける方法、
通院して朝から病院が開業している時間毎日する方法
皮下点滴だけ毎日する方法

悩みまくりましたがにゃん太には辛いけどまた入院する事に…。

更に膵炎も見つかりました。
でも治療方法は同じで膵炎の方は治療によって治るそうです。

三日間ずーーっと静脈点滴をして数値はまだいいとは言えませんが下がりました。
今後は毎日(できる限りですが)皮下点滴に通い、食事も好きなモノを食べさせて下さいとの事。

だけど…一番好きな中トロの刺身は膵臓に悪いのでやらないで下さいとの事でした…。

うう…脂っこいのは膵臓に悪いんですね…。
そんなに食べさせたわけじゃ無いけど…大反省。

喜んで食べるからとほんとバカな飼い主ですいません。

薬は毎日点滴受けるので無し。

その代わりチューブ取ったのでシリンジでロイヤルカナンの液体療法食をあげてます。

食欲はあるのだけど食べられなくなってます。
(膵炎の影響もあるそうです)

膵炎はこのまま治療していけば良くなるので食欲もでるかと思うとの事。

膵炎を治して腎臓はこのまま進行を抑える方向で治療する事になりました。

しかも鼻チューブと前足の怪我は結構厳しいモノで…

結局爪が一本取れてしまい、(また生えては来ると思いますとのこと)
鼻チューブは医療用アロンアルフアと糸で縫い付けられるので…
鼻の毛皮ごと剥がれ…

IMG_6825.gif


写真粒子が粗くて判りにくいですが、毛皮ごと浮いている状態になりました。

それでもう思い切って鼻チューブは取って自力で食べられるようになるか今努力中です。

まだ食べたい態度はするのですが、以前の半分くらいしか食べない状態です。
体重は4キロでしたが…また減ってるかなぁ…。

どうしても増えないようでしたらまた逆方向へ付け直し…頑張ってくれにゃん太!


今はこんな感じです。

IMG_6829.gif


IMG_6830.gif


昨日は退院してゆっくり休ませようと思ったら夜中に泣き叫び続け…

認知?それとも続けて入院させた文句の嫌がらせ???
とにかくまいりました。

今日はまだ大人しいですが…どうなるのかなぁ…。
この上認知症は勘弁して下さいにゃん太様…。

クロも最近夜うるさい時があり…怖いです。

シロは肝臓が前の病院で大分数値が下がりましたと言われていますが、薬が切れる頃シロも新しい病院へチェンジして、クロもチャッピーも来年早々健康診断します。

シニア猫四頭は厳しいモノがありますね〜!

飼い始めた頃は働いてたしまだまだ先と思っていた時期がついに来てしまった。
今回はにゃん太の命がかかっているのと彼のストレスがどんなものかとで悩みまくりました。

母親の調子が今のところよくて何よりです(^_^;)

ヒメも寝る前に遊んでと泣き続けてます。
いくらでも遊ぶし…。

愛玩動物飼育管理士の提出物締め切りとも重なり…いやはや疲れました…。

でも闘病生活は続きますねぇ…。

自分の健康診断も今年は行き損なってます。

庭仕事と家事で腱鞘炎が痛い…。


ストレスで体重が増えてて…にゃん太に分けたい……。

nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット
前の3件 | -